夜間頻尿

今回の記事では夜間頻尿について解説をしていきます。

夜間頻尿とは

夜間頻尿とは、あなたが睡眠をとっている間に何度もトイレに行きたくなってしまう症状を指します。
具体的には、一晩の間に4回以上起きてトイレに行ってしまったり、1日の尿量の33%以上が夜間に出てしまっている時は夜間頻尿が疑われます。
年齢層としては中年以降の患者によく見られ、頻尿故に夜に何度も起きてしまったり、なかなか寝付けないなど生活の質に大きく関わってきます。
頻尿というとあまり大きな病気ではなさそうに聞こえますが、改善が見られなければ次の日の仕事にも差し支えてしまうでしょう。

夜間頻尿の原因 主に3つの原因が関係していると言われています。

夜間頻尿が疑われる場合には、以下3つの事柄を中心に確認していきます。

  1. 夜間尿量が増える。
  2. 夜間に膀胱に溜めることのできる尿量が減少。
  3. 睡眠障害。

1.夜間に産生される尿の量が増える。

夜間の尿量が増える原因としては、糖尿病や口渇が伴う精神疾患など、水を飲む量が多く 尿の産出量が多くなり、トイレに行きたくなるパターンがあります。
患者の飲み水を飲む量が多い場合には、背景にこういった病気がないかを確認していきます。
医学的な理由が検知されなかった場合には、飲む水の量を単純に減らすことによって経過を観察することが多いです。

2.夜間に膀胱に溜めることのできる尿の量が少ない

夜間に膀胱に溜めることができる尿量が減少することも夜間頻尿が起きる原因の一つです。医学的見地からすると、この場合には前立腺肥大症のような病気や、膀胱が過敏になって貯めることができないようになる過活動膀胱のような病気が主な原因となります。
これらの場合には、特定された膀胱に関する病気の治療をまず行い、必要に応じて超音波検査も行います。

3.睡眠障害がある

睡眠障害があり夜間頻尿の疑いがある場合には、そもそもトイレに行く回数が問題になることはありません。
それよりも睡眠を阻害している原因を特定し治療を行わなければなりません。
例えば、眠りの質が悪い場合には睡眠導入剤を使って睡眠を深くし、睡眠時無呼吸症候群のような症状が出ている場合には、これを治療します。
また、骨折などの痛みが伴っている場合には、深い睡眠が取れないため痛み止めの処方などを行います。

夜間頻尿の治療

夜間頻尿かどうかを特定するためには排尿日誌をつけていく必要があります。
1日のうちどれくらいのタイミングで、どの程度の排尿があるかを患者自身が把握しなければなりません。
その上で、問診や検査を行い上記三つの原因のどれになるのかを特定して治療を行っていきます。

以上の治療を行っても、改善がない場合には、薬物治療を行いより専門的な薬剤を使用していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました