【腎臓の基礎知識】腎臓と心臓の関係 ~心腎連関とは~

腎臓内科

腎臓と心臓は密に関係しており、腎機能低下が低下した場合は心臓について正しく評価をして必要な治療を行う必要があります。

腎臓病と心臓の関連

腎臓が悪い患者は心臓が悪く、心臓が悪い患者は腎臓が悪いことが多いです。

この心臓と腎臓の関連性を「心腎連関(しんじんれんかん)」と呼びます。

腎機能が低下した時に一番気を付けなくてはならないのは「心臓の病気にならないこと」です。

実は、腎臓病の患者さんにおける一番の死因は心不全なんです。

そして、上の図でお示しするように腎機能が低下すればするほど心臓(または脳)の病気になるリスクが高いと言われています。

心腎連関のメカニズム

心腎連関には様々なメカニズムが関与していますが、主なものを以下の3つです。

  • 神経・ホルモンの影響
  • 腎静脈の圧の上昇
  • 腎血流の低下

神経・ホルモンの影響

腎臓や心臓の機能が低下すると、交感神経やレニン・アルドステロンなどのホルモンが活性化します。

この活性化は長期的には腎臓や心臓に負担を与えてしまいます。

 

腎静脈の圧の上昇

心臓の機能が低下すると、腎臓→心臓に送られる血液の通り道である腎静脈に体液がうっ滞してしまいます。

腎臓は、心臓→腎臓の血液の通り道である腎脈と、さきほどの腎脈の圧の差がある程度保たれている状態を好み、腎静脈圧が高くなると腎機能が低下するといわれています。

 

腎血流の低下

心臓は身体の全身に血液を送る臓器、腎臓は身体を巡った血液を回収して不要物を身体の外に出す臓器で「入口」と「出口」の関係です。

心臓の機能が衰えると腎臓の血流が低下して腎機能の低下が起きると言われています。

 

腎臓病の患者さんで行う心臓の検査

腎臓病では、定期的に心臓の状態をチェックする必要があります。

心臓の検査(もしくは動脈硬化の検査)として、以下のようなものを行います。

  • 採血
  • 胸部レントゲン
  • 心電図
  • 心臓エコー
  • 頸動脈エコー
  • 血圧脈波検査 など

・採血

心臓の評価として、BNPもしくはNT-proBNPという値を使用します。

これらの値が上昇すると心臓に負担がかかっている状況を反映しています。

当院でNT-proBNPを採用しています。

年齢によっても異なりますが、目安としてNT-proBNPが300以下の状態であれば心不全は否定的と考えることができます。

 

・胸部レントゲン

胸部レントゲンでは心臓の大きさを評価できます。

心臓に負担がかかったり、体液の量が多くなるとレントゲンで映る心臓が大きくなります。

私たち医師は、CTRという「胸郭の幅と、心臓の幅の比率」で評価をしています。

CTRが男性の場合50%以下、女性の場合55%以下であれば適正と判断します。

 

・心電図

心臓の電気信号を波形として記録する検査です。

心臓の不整脈、心臓回りの血管の詰まり、心臓の酸素の状態などの評価で使用します。

 

・心臓エコー

心臓を超音波で評価する検査です。

心臓の収縮力、心臓の弁膜などを視覚的に直接評価することが出来ます。

エコー検査のため被ばくなどのリスクもありません。

 

・頸動脈エコー

脳の入り口である頸動脈を超音波で評価する検査です。

頸動脈は全身の動脈硬化を反映しており、動脈壁の厚さや、狭窄率を評価します。

 

・血圧脈波検査

上肢・下肢に血圧計を巻き、同時に血圧を測定することで動脈硬化を評価する検査です。

動脈硬化の状態や、足の血管の詰まり具合などを評価することが可能です。

 

・その他

必要であれば24時間ホルター心電図、心臓CT、心臓MRIなどの心臓を行うこともあります。

当院では必要に応じて、連携している基幹病院にご紹介をしております。

 

腎臓病の患者さんで行う心臓の治療

腎臓の治療と心臓の治療は共通している部分が多いです。

特に以下のような治療を行います。

  • 利尿剤
  • 血圧の治療(RAS系阻害薬を中心に)
  • コレステロールの治療
  • 血糖の治療

 

・利尿剤

腎機能が低下すると、不要な体液が溜まりやすくなり心臓に負担がかかります。

逆に心臓に負担がかかっても不要な体液が溜まり、腎臓の血流を減らして腎機能を低下させてしまうことがあります。

そのため、利尿剤を使用して適宜不要な体液を出す必要があります。

 

・血圧の治療

血圧の治療を行うことは、腎臓にとっても心臓にとっても必要です。

また、RAS系阻害薬と呼ばれる血圧の薬には、心臓・腎臓ともに保護的に働く作用があるので積極的に使っていきます。

 

・コレステロールの治療

コレステロールを治療することで直接的に腎機能を保護する効果はありませんが、腎臓病で起きやすくなる心臓や脳の病気を予防することが可能です。

特に腎臓病の患者さんではLDL-Cを70以下にすることが望ましいとされています。

 

・血糖の治療

血糖の治療を行うことは、腎臓にとっても心臓にとっても必要です。

また、SGLT-2阻害薬と呼ばれる糖尿病の薬には、心臓・腎臓ともに保護的に働く作用があるので積極的に使っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました