血尿と腎臓

血尿とは

血尿とは、尿に血が混じる状態のことを指します。

血尿には、見た目で分かる「肉眼的血尿」と見た目で分からないけど顕微鏡で調べると分かる「顕微鏡的血尿」の2種類があります。

血尿は、腎臓・尿管・膀胱の病気の重要なサインのため、血尿がある場合はしっかり精査を行う必要があります。

血尿の原因

血尿の原因としては以下のようなものがあります。

腎臓の病気

  • IgA腎症などの腎炎
  • 腎結石 など

尿管~膀胱の病気

  • 膀胱炎
  • 尿管結石
  • 膀胱がん など

特に腎炎や、膀胱がんは見逃せない病気で、血尿が重要なサインになります。

血尿と腎臓

血尿を伴う腎臓の病気として、IgA腎症などの腎炎や、血管炎などの病気があります。

これらの病気の中には、急激に腎機能低下を起こす病気もあるため要注意です。

腎臓の病気の際の血尿には以下のような特徴があります。

  • 尿中の赤血球と呼ばれる血液の成分が変形している
  • タンパク尿が出ている

尿タンパク(1+)かつ尿潜血(1+)以上の場合、しっかりと腎臓内科の専門的な検査を受けることが望ましいと考えられています。

医療機関で行う検査

血尿で医療機関を受診した場合は以下のような検査をおこないます。

① 血液検査

腎機能、前立腺などの評価を行います。

② 尿検査

尿検査では、血尿の量や形、タンパク尿の有無などを測定します。

③ 腹部エコー

膀胱がんや結石などがないかを確認します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました