淋菌性感染症

今回の記事では淋菌に罹患した場合にどう治療していくのか症状から詳しく解説していきます。(この記事で男性の淋菌についてを中心にお話します。)

症状

淋菌性感染症は男性よりも女性の方が罹患率が高い傾向にある性感染症です。

男性が罹患すると、尿道炎や精巣上体炎などを発症し、尿道のヒリヒリした痛みや大量の分泌物などが発生する症状が現れます。

女性が罹患すると、おりものが増えたり排尿時の痛みが伴うなど様々な症状が現れます。

痛みに関する症状だけかと思いがちですが、実際には女性では子宮頚管炎や骨盤の炎症を起こしてしまい、不妊症となってしまう可能性もあります。

実は性器への感染だけでなく、淋菌性感染症に罹患している患者の10%から30%の確率で咽頭部分への感染も見受けられ、咽頭痛や風邪でもないのにガラガラした声になってしまう症状が出ます。

ただし、無症状の状態でも罹患している可能性があるので、気になるエピソードがあれば必ず検査を行ってくださいね。

検査

淋菌性感染症の検査では尿検査を行います。

尿検査では最初に出てくる尿を使用することが望ましいです。

この尿検査ではクラミジアの感染も同時に調べることができますよ。

実は淋菌性感染症に罹患している患者の中で30%程度の方がクラミジア感染症にも罹患している可能性があります。

そのため出来る限り、両方の感染症に関する検査を同時に行った方が良いと言えるでしょう。

治療

治療はは抗生物質を使用して行います。

淋菌性感染症には、飲み薬の抗生物質では効果がなく、点滴を用いた治療や注射を用いた治療が行われます。

検査結果が出る前に、淋菌性感染症が強く疑われる場合には、上記の治療が前もって行われることもあります。

※点滴の場合、セフトリアキソンが使用されます。

効果判定

点滴の抗生物質を使用した際、治療後の検査が必要になることはありません。

注射などによるその他の抗生物質を用いた治療になった場合には、経過観察として検査が必要になる場合があります。

パートナーの治療

患者本人が淋菌性感染症に罹患していると感じているもしくは、実際に診断結果として感染が確定した場合には、パートナーの診断や治療を行うことも重要になってきます。

先ほどお伝えしましたが、女性の場合にはちょっとした排尿痛などがあるだけで無症状で感染が広がる可能性もあり、不妊症になってしまうことがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました