糖尿病

糖尿病とは

糖尿病(とうにょうびょう)とは、インスリンという身体の血糖値を下げるホルモンの作用不足によって慢性的に血糖値が上がる高血糖の状態が続く代謝の病気です。

糖尿病予備群と合わせると2000万人を越えると言われている国民病です。

糖尿病を放置すると・・・

血糖値が高い状態が続くと、心臓・脳・腎臓・眼・神経など身体の様々な箇所にジワジワ障害を起こします。結果、将来的に心筋梗塞、透析、失明などになる可能性が高くなります

また特徴として、からだには障害が起きているのに最初は症状が全く出ないので中々危機感を感じにくく、放置されがちの病気です。

多くの患者さんが眼が見えづらくなったり、胸が痛くなってから受診されるのですが、症状が出る時には、すでに長年の障害が蓄積されてかなり進行した状況です。

特筆すべきなのは一度起きた障害は元に戻りません。そのため症状が出てから治療をしても時すでに遅しのことも多々あります。

糖尿病は症状が出る前の段階で治療を始める必要性があり、更に早期の段階で治療を始めた方が必要となる薬の量が少なくなり、食事制限などの生活習慣の制限も少なくも良いです

長期的な観点からなるべく早めの介入が望ましいでしょう。

糖尿病の症状

糖尿病になって最初の数年間は、まったく症状が出ません。

そのため健康診断を毎年受けていない方で、久しぶりに健康診断を受けたら取返しのつかないことになっていたという患者さんは一定数います。

一度受けた糖尿病の障害は、時間がたっているともとに戻りません。はやく見つけて、はやく治療をするのが大切です

 

糖尿病の症状が出る場合は2パターンあります。

1つ目が「血糖があまりに高い時にでる症状」で、2つ目が「長い間、血糖が高い状態が続いて合併症が出た時にでる症状」です。

 

・異常な高血糖による症状

血糖値が400を越えたりすると出てくると、症状出ます。

  • 喉が乾いて水分をたくさん飲む
  • 尿が一杯出る
  • 体重が減る
  • 疲れが溜まりやすい etc

などの症状が出てくると、かなり血糖値が高い状態です。

重症の場合、意識を失ったり、救急搬送が必要になる状態になることもあります。

 

・合併症による症状

血糖値が症状が出ないほどであっても、年単位でその状態が続くと全身の至るところに症状が出ます。

主に高血糖の状態は、血管に障害を与えて、神経や心臓・腎臓などを障害し、その結果様々な障害が出ます。

  • 神経:痺れ など
  • 眼:視力低下 など
  • 心臓・腎臓:全身浮腫 など
  • その他:勃起不全、麻痺 など

これらの障害は残念ながらなかなか元に戻ることはありません。

糖尿病の種類

糖尿病は原因と病態から以下の4つに分類することが出来ます。

  • 1型糖尿病
  • 2型糖尿病
  • 妊娠糖尿病
  • その他

日本の糖尿病の9割程度が生活習慣が原因の2型糖尿病です。

テレビなどで語られる糖尿病もこの2型糖尿病のことが多いです。

1型糖尿病

免疫の異常が原因で膵臓のβ細胞という細胞が破壊された結果、インスリンがでなくなることで生じる糖尿病です。

10代~20代で発症する方が多いですが、時折中年や高齢で発症する人もいます。

インスリンが出なくなることで起きるので、インスリンを注射で定期的に補う必要があります。

2型糖尿病

生活習慣に問題があり、体内で作られるインスリンの分泌量が低下したり、インスリンが効きづらくなることで起きる糖尿病です。

ただし近年、遺伝なども影響している可能性があると言われています。

インスリンが効きやすくなるように、食事や運動の治療をしたり、内服薬を飲んで治療をします。

食事・運動・内服薬で治療が不十分なときは、インスリンの治療を行います。

妊娠糖尿病

妊娠に伴って生じる糖尿病です。

妊娠が進むとインスリンが効きづらくなることで起きます。

おなかの中の赤ちゃんにも影響を与えるので、健康な方よりも血糖値をしっかり下げる必要があります。

その他の特定の機序、疾患によるもの

遺伝子異常によるものや、他の疾患(内分泌疾患、肝疾患、薬剤、感染症など)に伴って生じる糖尿病を指します。

糖尿病の診断

糖尿病の診断は、高血糖が慢性的に持続していることを証明することで行います。

診断のためには、採血を行います。

「HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)」と「血糖値」が大切です。

日本糖尿病学会ガイドラインに診断のフローが記載されているのでご参照ください。

・「HbA1c」と「血糖値」がともに異常

糖尿病の診断となります。

 

・「HbA1c」のみが異常

血糖値を再検査して、以下の状態があれば糖尿病の診断となります。

  • 空腹時の血糖126mg/dl以上
  • 随時の血糖200mg/dl以上
  • ブドウ糖負荷して2時間後の血糖が200mg/dl以上

 

・「血糖値」のみ異常

以下のいずれかを満たす場合は、糖尿病の診断になります。

  • 眼の網膜という箇所に異常がある
  • 口渇・多飲・多尿・体重減少などの明らかな糖尿病の症状がある

満たさない場合は再検査になります。

糖尿病の検査

糖尿病は診断をつけるだけでなく、糖尿病そのもの評価や、合併症の評価も一緒に行うため以下の検査を行うことがあります。

  • インスリン分泌能や抗体検査:膵臓の状態
  • 採尿検査:腎臓の状態
  • 心電図:心臓の状態
  • 血圧・脈波:下肢の血流の状態
  • 頸動脈エコー:動脈硬化の状態
  • 眼底検査:眼の状態

患者さんの状態に合わせて、必要な検査を数年に1度行なうイメージです。

今日は当院でも力を入れている食事・運動の治療について触れます。

糖尿病の食事療法

食事療法は1型糖尿病、2型糖尿病に関わらず治療の基本になります。

年齢、性別、身体活動量を念頭にカロリーを設定します。

炭水化物を設定したカロリーの50-60%に、タンパク質を20%までにして残りを脂質とします。

とはいえ、毎日栄養素を計算するのは手間で長期的に続かないことが多く、よく患者さんからクレームがでます。

現実的にはざっくりイメージを捉えて継続的に治療をしていくとよいと思います。当院では管理栄養士が患者さんの食事を一度伺い、そこに付け加える形でアドバイスをしております。

日本糖尿病学会が発行する糖尿病治療ガイド2018-2019では以下のように触れています。

1:腹八分目とする。
2:食品の種類はできるだけ多くする。
3:脂質は控えめに。
4:食物繊維を多く含む食品(野菜、海藻、きのこなど)を採る。
5:朝食、昼食、夕食を規則正しく。
6:ゆっくりかんで食べる。
7:単純糖質を多く含む食品の間食を避ける。

糖尿病の運動療法

運動療法を行うことで、ブドウ糖、脂肪酸の利用が促進されて血糖値が低下します。

また身体から分泌されるインスリンの効果がよくなり糖尿病のコントロールがよくなります。

その他にもメタボリックシンドローム、骨粗鬆症、高血圧、脂質異常症の改善にも有効です。

運動療法には有酸素運動とレジスタンス運動があります。両方を組み合わせることでより高い効果があると言われています。

頻度は週3-5回の有酸素運動を20-60分ほど、週2-3回のレジスタンス運動を行うと良いと考えられています。

有酸素運動

有酸素運動とは歩行、ジョギング、水泳などの全身運動です。

レジスタンス運動

レジスタンス運動は腹筋、ダンベル、腕立て伏せ、スクワットなどが当てはまります。

尚、水中歩行は有酸素運動とレジスタンス運動がミックスされた運動であり日本糖尿病学会:糖尿病治療ガイド2018-2019でも推奨された運動療法です。

注意点

ただし、以下の場合運動療法を制限した方が良い場合があるので主治医と相談してください。

  • 糖尿病のコントロールが悪い
  • 糖尿病網膜症による眼底出血がある
  • 腎不全がある
  • 虚血性心疾患、心肺機能に障害がある場合
  • 骨、関節疾患がある場合
  • 急性感染症
  • 糖尿病壊疽
  • 高度な自立神経障害

近年、糖尿病は薬の進歩が目覚ましく、ある程度であれば薬のみでコントロールできるようになってきました。

一方で、食事・運動をしっかり行い、薬を減らしていくことも重要です。

糖尿病の薬

糖尿病の薬は大まかに3種類に分けることができます。

  • インスリン抵抗性改善薬
  • インスリン分泌促進薬
  • 糖吸収・排泄調整薬

この3種類を病態によって使い分けて治療していきます。

 

インスリン抵抗改善薬

インスリンが効きやすくなるようにする薬です。 特にビグアナイドは古くから使われており糖尿病薬の第1選択です。 例)

  • ビグアナイド(メトグルコ、グリコランなど)
  • ピオグリタゾン(アクトスなど)

 

インスリン分泌促進薬

インスリンの分泌を促進する作用のある薬です。

  • スルホニル尿素薬(オイグルコン、グリミクロン、アマリールなど)
  • グリニド薬(スターシス、ファスティック、グルファスト、シュアポストなど)
  • DDP-4阻害薬(グラクティブ、ジャヌビア、エクア、ネシーナ、トラゼンタ、テネリア、スイニー、オングリザ、ザファテック、マリゼブなど)

スルホニル尿素薬は昔からよく使用されている薬ですが、低血糖になるリスクがあります。(使い方さえ間違えなければ良い薬です。) ここ数年は、DDP-4阻害薬がよく使用されており、日本でも一番よくつかわれている薬です。

 

・糖吸収・排泄調整薬

腸からの糖の吸収を抑えたり、腎臓からの糖の排泄を行う薬です。

  • α-グルコシダーゼ阻害薬(グルコバイ、ベイスン、セイブルなど)
  • SGLT-2阻害薬(スーグラ、フォシーガ、ジャディアンス、カナグル、ルセフィ、アプルウェイなど)

 

当院でよく使用する薬

多くの薬の中でよく使用されている薬をピックアップして触れます。

ビグアナイド(メトホルミンなど)

糖尿病で、まず最初に使用する薬です。歴史があり、効果も証明されている薬です。 比較的安全性の高い薬ですが、まれに乳酸アシドーシスという合併症や、強い倦怠感、吐き気、下痢、筋肉痛などの症状がでることがあります。 また、腎臓の機能が悪い患者さんや、75歳以上の高齢者に対しては使用しないこともあります。

SGLT2阻害薬(フォシーガ、ジャディアンスなど)

ジャディアンス、カナグル、フォシーガなどの薬が当てはまります。 腎臓から糖を排泄することで、血糖のコントロールをする薬で、肥満がある糖尿病の方とかには使用したい薬です。 近年注目を集めており、心臓や腎臓などに良い影響を与えることが報告されています。 一方で、尿に出る血糖が、まれに膀胱炎などの引き起こしたり、脱水になる可能性があるのでSGLT-2阻害薬を飲んでいるときは、しっかり水を飲むことが大切です。 高齢者にはあまり使わないことが多いです。

DDP-4阻害薬(トラゼンタ、ネシーナなど)

グラクティブ、エクア、ネシーナ、トラゼンタ、テネリアなどがこれらに当たります。 比較的安全性が高く、特に低血糖になるリスクが少ないことが特徴の薬で、日本で一番使用されています。

スルホニル尿素薬(SU剤)

オイグルコン、グリミクロン、アマリールなどがこれらに当てはまります。 昔よく使われていた薬で、血糖値をしっかり下げることができます。 一方で、作用時間はだいたい半日〜1日と長く、低血糖になるリスクがあります。 個人的には他の薬を使って、もう1歩いきたいときに少量で使用しています。

GLP-1製剤

トルリシティ、ビクトーザなどがこれらに当てはまります。 食欲抑える効果があり、肥満の糖尿病の患者さんに使われる薬です。 良い薬ですが、日本ではまだ注射薬しかなく、あまりなじみがありません。 海外ではGLP製剤の内服薬が心臓などに良い影響を与えるという報告がされており、今後注目が集まる薬です。

低血糖時に注意

糖尿病の治療で一番望ましくないのが、血糖値が低くなってしまう低血糖状態になることです。

症状

低血糖になると以下のような症状がでます。

  • 発汗
  • 動悸
  • 脈がはやい
  • 手が震える
  • 顔面が白くなる
  • 意識が朦朧とする
  • 異常行動がでる
  • けいれん など

原因

以下のような原因で低血糖が起きます。

・食事が不規則
・くすりの飲み間違え
・激しい運動をしているときや運動後
・飲酒

対策

SU剤やインスリン治療をしている方などは、低血糖のリスクがあります。

症状が出たときのために糖分を持参していただき、症状が出たときはすぐに飲めるようにしておき必要があります。

シックデイの対応

感染症などの病気になったり、ご飯が食べれてないとき、などの体調のすぐれない日をシックデイと呼びます。

糖分の摂取が少ない状態で糖尿病の治療を続けると低血糖になってしまうのでシックデイのときは特別な対応が必要になります。

  • インスリンを使っているときは、自己判断でインスリンを中断しない。
  • ビグアナイド薬、SGLT-2阻害薬を使っているときは、中止する。
  • SU剤、グリニド剤を使用しているときは状況により診察時に医師が判断する。
  • 脱水をふせぐ

患者さんの状況や、使用している薬で対応が異なるため、主治医やかかりつけの薬剤師と対応を相談しておくと良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました