クレアチニンが少しだけ高い・・・。対策は?

こんにちは。

『健康診断でクレアチニン値が少し高めに出てしまった…』

『クレアチニンが高いと何かあるの?』

こんな疑問やお悩みはありませんか?

健康診断で行なわれる採血結果で、クレアチニンが高いとなってもどう対応すればいいわかりづらいですよね。

そこで、今回の記事では赤羽もり内科・腎臓内科が監修する当サイトで、クレアチニンの値が少し高いと、どのような対策が考えられるのか解説していきます。

この記事を読むと、どこで精密検査を受ければいいか分かるので是非最後までごらん下さい。

クレアチニンが少し高いでも・・・・。

健康診断で行う採血でクレアチニンが少し高い結果が返ってきた場合には、どのような症状が出ているのでしょうか。

実はクレアチニンの値は、あなたの『腎臓の健康状態』を表す重要な指標であることはご存知でしょうか。

もし、基準値内といっても少し高い状態を放置してしまっていると、大変なことになってしまうかもしれません。

ちなみに、当院での目安としての基準値は以下の値を採用しています。

この値より少しだけ超えてしまっている方は、健康診断を受けたときの状況にもよりますが、腎臓の精密検査が必要になる可能性があります。

クレアチニンが少しだけ高い時こそ正しい評価と治療を

繰り返しになりますが、クレアチニンの値は『腎臓の健康状態』を表します。

通常、体の代謝機能によって発生するクレアチニンは腎臓のろ過機能によって尿に混じって排出されるものです。

でも、クレアチニンが排出されずに血液中に多く混じっている状態は、腎機能が低下しているという評価をする必要があるんですね。

ここで、少し怖い目安をお話しておくと、この血清クレアチニンの値が、3.0mg/dl〜4.0mg/dlを超えてくると透析を視野に入れた治療を行う必要が出てきます。(※年齢や性別によって、また状況によって異なります。)

ここまで高い値になっている場合には、早急に対応が必要になります。

しかし、ここまで高くなっていなくても正しく評価をすることが望ましいです。

何故なら腎臓は一度悪くなると元に戻らないことが多いからです。

透析を受ける段階にまでステージが進行する前に、腎臓の専門的な評価を受け、適切な治療を行っていきましょう。

検査 ~まずは本当に腎臓が悪いのかを調べる~

さて、健康診断で行われる血清クレアチニンの検査によって、腎臓の異常を発見しやすいのですが、時にこの評価が正確な評価とずれてしまうことがあります。

例えば男性で筋肉量が多い場合、腎臓が悪くないのも関わらず健康診断でクレアチニンが高めな値が出てしまうということもあります。

これはなぜかと言うと、クレアチニンは筋肉の量や代謝によって血液中の値が増えてしまうためです。

そのため、クレアチニンが少し高いとなった場合は、クレアチニン以外の指標を使って腎臓を評価する必要があります。

具体例をあげると、以下の検査内容があります。

  • シスタチンC(血液検査)
  • 尿蛋白検査(尿検査) など

クレアチニンが高いと言われた場合は、これらの検査を受けて、再度評価することをすすめます。

クレアチニンが少し高い できる対策は?

さて、ここまで怖いお話をさせて頂いたのは、クレアチニンが高い状態を放置して欲しくないという思いからです。

腎臓病は一度悪くなると良くなりません。まず医療機関を受診して評価をしましょう。

評価を受けて腎臓に少し障害がある場合は、腎臓を守る治療をしていきます。

原因にもよりますが、一番大切なのは、血圧、血糖値の治療で、食事と運動を中心におこなっていきます。

先送りにせずに医療機関へ

今回の記事では、クレアチニンが少し高いときの検査や対策について解説してきました。

当院で採用している基準値の最大値付近の方や、若干超えてしまっている方は、今できることを考え行動していきましょう。

通院が億劫だな、めんどくさいなと思う方も多いですが、腎臓は一度悪くなるともとには戻りません。

数値が若干高いという体のサインを見逃さず、きちんとした検査と治療を行って下さい。

治療は、腎臓内科が望ましいですが、中々地域に腎臓内科のクリニックがないこともあります。

その場合は、内科のクリニックで「シスタチンC」や「尿検査」をしているところで検査を受けるのも手です。

(関東圏であれば、監修をしている「赤羽もり内科・腎臓内科」でも検討が可能です。実際腎臓のことで相談される患者さんの多くが県外から来られています。)

最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました