貧血と腎臓

貧血とは

貧血とは、酸素を運搬するヘモグロビンと呼ばれるタンパクが不足することで、体の臓器に十分な酸素を送ることができない状態です。

血液検査でヘモグロビン値が以下の値になると貧血と呼ばれます。

  • 成人男性→13.0g/dl未満
  • 成人女性→12.0g/dl未満
  • 高齢者→11.0g/dl未満

貧血の症状

症状としては以下のような症状があります。

  • 疲れやすい
  • 息切れ
  • 動悸
  • ぼんやりする など

貧血の原因

貧血の原因は多岐にわたり、以下のような原因があります。

  • 鉄分の不足
  • 生理などの出血過多
  • 亜鉛・ビタミンB12・葉酸・亜鉛の不足
  • 腎機能低下 など

これの原因によって治療が異なるため、診断をしっかりつける必要があります。

貧血と腎臓

腎臓は血液を作る「エリスロポエチン」というホルモンを分泌することで造血の役割を担います。

腎機能が低下すると、エリスロポエチンの分泌が低下して貧血が起きます。この貧血を腎性貧血と呼びます。

腎性貧血は腎臓や心臓に負担をかけるため、しっかり治療を行う必要があります。

医療機関で行う検査

貧血で医療機関を受診した場合は以下のような検査を行います。

① 採血検査

血液中のヘモグロビン値、鉄分、亜鉛、ビタミンなどの栄養素の評価や、腎機能などの各臓器の評価を行います。

② 便検査

出血を疑うようなときは便に血が混じっていないかを確認します。

その他必要に応じて画像検査などを行います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました