花粉症・アレルギー性鼻炎

赤羽もり内科・腎臓内科では、生活習慣病で通院されているかかりつけの患者様に限定して「花粉症」の診療をおこなっております。

アレルギー性鼻炎とは

アレルギーを起こす原因物質によって起きる過度な反応によって症状がでる病気です。花粉症などが代表例です。

症状

くしゃみ、鼻汁、鼻閉、鼻・目の痒みなどがでます。喘息、アトピー性皮膚炎を合併することもあります。

分類と原因

分類

季節性のあるものを「季節性アレルギー性鼻炎」、1年中おきるものを「通年性アレルギー性鼻炎」と呼びます。

原因

通年性アレルギー性鼻炎

ダニ、ハウスダスト、ペット、ゴキブリなど

季節性アレルギー性鼻炎

スギ、ヒノキ、ブタクサ、ヨモギ、ハンノキ、カモガヤなど

季節性アレルギー性の季節

スギ:2月~4月 ヒノキ:4月~5月 カモガヤ:5月~6月 ブタクサ:8月~10月

通年性と季節性によって症状や治療を分かれます。

検査

問診

・いつ始まったか ・季節によって違うか ・どのくらい症状があるか ・他のアレルギーはあるか

などを伺います。

採血

必要時に行います。

血液検査で総IgE、血中好酸球などを確認します。また血中特異的IgE検査を行うことで具体的にどの抗原に対してアレルギーがあるかを調べることが出来ます。

皮膚の検査

皮膚に実際抗原を注入して、アレルギー反応があるかを調べる検査です。当院ではこの検査は行っておらず、希望する際は近隣の皮膚科を紹介しております。

鼻汁好酸球テスト

鼻の好酸球という細胞が増加しているかを調べる検査です。当院ではこの検査は行っておらず、希望する際は近隣の耳鼻科を紹介しております。

鼻粘膜誘発テスト

抗原を実際に鼻に注入してアレルギー反応があるかを調べる検査です。重症で手術を検討する時に使用します。当院ではこの検査は行っておらず、希望する際は近隣の耳鼻科を紹介しております。調べられる抗原の種類に限りがあります。

その他

鼻レントゲン検査、鼻鏡検査などを行うことがあります。

治療

「原因の除去・回避」と「くすりの治療」がメインです。

原因の除去と回避

スギなどの花粉症の場合は、情報をチェックして外出の際にはマスク、メガネを着用します。

毛織物のコートの使用は避けた方が良く、帰宅時は衣類や髪をよく払い、洗顔、うがいをしましょう。

またそもそも外出を避けたり、窓などを閉めたりして生活するという手もあります。取り敢えず原因となる物質と接しないのが大切です。

くすりの治療

抗ヒスタミン薬という薬を中心に適宜、追加の内服や点眼薬、点鼻薬を使用します。

抗ヒスタミン薬

以下のような薬剤を使用します。

例) ・アレロック ・アレグラ ・ザイザル ・タリオン ・アレジオン ・デザレックス ・ビラノア ・クラリチン

個人差があり一概には言えませんですが、使用感や医療関係者の意見などを踏まえてざっくりと表にしてみました。(正式なデーターではなくあくまで参考程度にご参照ください。)

その他

抗ヒスタミン薬でうまくコントロールが出来ないときは、以下のような薬剤を使いします。

例) ・抗ロイコトリエン薬(オノン、シングレア、キプレスなど) ・鼻噴霧用ステロイド薬(アルデシン、リノコート、フルナーゼ、ナゾネックス、アラミスト、エリザスなど) ・点眼ステロイド薬 (以下のくすりは当院ではあまり使わないです。) ・抗プロスタグランジンD2阻害薬・抗トロンボキサンA2阻害薬 ・Th2サイトカイン阻害薬 ・漢方薬

花粉症のような季節性アレルギー性鼻炎の場合、症状がなくても先行して内服を開始することが推奨されています。

またハウスダストなどの通年性アレルギー性鼻炎の場合でも春や秋に症状が強くなるので薬物治療を強くします。

減感作療法

内服薬は一時的な症状を抑えるために使用されますが、根治治療として、抗原特異的免疫療法を行うことが出来ます。

ただし全ての抗原に対して行えるわけではなくダニ、スギなど一般的な抗原に対して保険が使用出来ます。

皮膚に注射をする皮下免疫療法と内服薬を使用する舌下免疫療法の2通りがあります。

手術療法

これらの治療でも良くならないときは手術を検討します。ご希望のときは近隣の耳鼻科の施設にご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました